夕食抜きダイエット

夕食抜きがダイエットと健康に良い理由

夕食抜きがダイエットと健康に良い理由

夕食を抜くというのは、非常に苦しいイメージがあります。しかし、ダイエットにも、健康にも、美容にも、全てに関して、夕食抜きダイエットは、効果的です。それというのも、まず「夕食」という言葉の存在です。「晩ごはん」「晩飯」というのも最近では当たり前になってきましたが、元々は「朝食」「昼食」「夕食」の三食が、正しい食事の呼び方。

 

それが何故、夕食とは言わずに、晩ごはんや晩飯などが当たり前になってきたのかというと、現代社会の生活環境が大幅に変わったということです。残業などが当たり前の社会環境で、夕方、つまり6時頃に食事を家族で摂るなんてことはできるはずがなく、早くても7時過ぎ、遅ければ9時10時の家庭はどこにでもあります。それが当然のような感じがしてしまっていますが、夕食という言葉があるように、昔は夕方の6時頃に一日最後の食事を摂ることが普通だったのです。

 

夕食抜きで健康ダイエット

 

人間の体は夜の10時から夜中の2時の間に成長ホルモンが分泌されます。この時に、体を睡眠状態にしておくことで、老化防止、美容、ダイエットなどなど、人間の体内環境を最善の状態に整えてくれています。しかし、どんどんと睡眠時間が遅くなっている現代社会では、夜の10時に寝ることができる人など、なかなかいないのではないでしょうか?しかし、人間の体は、夜の10時には睡眠に入っているように遺伝子構造で成り立っているのです。

 

その結果、無意識のうちに体や精神にストレスを与え続け、過度な肥満や自律神経失調症など、昔ではあり得ないような現代病を抱える人たちが増えてきているのです。

 

夕食が晩ごはんになっているから太る

 

食事をきちんと体内で消化するのには、おおよそ1時間が必要とされています。しかし、先に述べたように、現代人の夕食は非常に遅い。夜9時に夕食を食べたとして、完全に消化されるのは、夜の10時です。その時間になると、人間の体は睡眠を取る状態になります。つまり消化機能が非常に悪くなる。これは例え起きていたとしても同じことです。よく言う、夜の9時以降に食べたら太るというのは、こういった理由からなのです。消化機能が低下している時に、消化されなかった食物は、当然脂肪になり、どんどんと太って行くわけです。

 

夕食が太る理由

 

人間の一日の必要摂取カロリーの平均は1700kcalと言われており、それ以下だと、普通に痩せて行きます。しかし、その摂取カロリーは、きちんと消化されている過程の話で、夕食が遅い現代社会では、きちんと消化されないまま、どんどんと脂肪を蓄えてしまう生活環境にあるのです。逆に、今の生活環境の状態で夕食抜きにすると、700kcal分の脂肪を減らすことができると言われています。つまり一日、1000kcalの摂取のみになるわけです。確実に痩せる理由がお分かりになるかと思います。

 

夕食を抜いたダイエット効果

 

朝抜くダイエットも、昼抜くダイエットも、夕食を遅い時間に食べてしまうことで、あまり意味がなくなるだけでなく、空腹から通常よりも食べすぎてしまう恐れがあります。そうなってしまうと、ダイエット逆効果だけでなく、胃腸に負担をかけ、代謝が下がった体を作り出してしまい、健康にも美容にも悪影響を与えてしまいます。本当に自分の体を思いやるのには、絶対に夕食抜きダイエットをオススメします。

 

夕食抜きダイエットは、効果も3日ほどで、目に見えて現れてきますので、ダイエットが楽しくなったという方も大勢います。ぜひ、一度夕食抜きダイエットを試して下さい。

 

夕食抜きダイエット効果

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ